城ノ内中等教育学校(後期課程) 出前講座

2024年2月5日(月)に城ノ内中等教育学校 (後期課程) アセンブリホールにて、がん検診受診率向上のための出前講座を行いました。

【内容】
 はじめに今日勉強したことを大切な親しい方へメッセージカードとして届けて下さいと始まり、自己紹介の後12年間のがん体験を振り返り治療方法や検査機器について話されました。
 次にがんに関する基礎知識として日本人のがんの罹患率、死亡率、男女別、部位別の罹患数やがんの発生メカニズム、最新のがん治療について標準治療とがんゲノム医療について説明されました。
 がんと生活習慣については国立がん研究センターのデータ表を使って喫煙、肥満、酒、食品などとの関係を示しました。がんのリスクを減らす5つの健康習慣とは、具体的には禁煙、節酒、バランス良い食生活、身体運動を日課に、自分のBMIを知り適性体重の維持することです。
 がん予防の1次予防である生活習慣を整える事に続き、2次予防のがん検診受診による早期発見・早期治療の大切さと、がん検診の種類及びがん検診で見つけることが出来るがん種と見つけることが出来ないがん種についての説明があり、何故がん検診を受けないのか理由を7つ挙げました。
 最後にがん体験で得られたもの、思い、考えについて講師の想いを述べました。
1.泣き顔、笑顔、奮起を経験したこと
2.人生で大切な事を学んだ。命と人間愛について
3.生活習慣の重要性。食生活などで乱れた生活は身体に危険なこと
4.健康診断プラスα(通常のがん検診とオプションの検診)
 そして大切な人にがん検診の受診を勧めて下さいと締め括りました。
 私からはメッセージカードの書き方について説明し、生徒達はその場で大切な方へ「がん検診を受けていつまでも元気で頑張ってください」と応援の気持ちを込めてメッセージカードを作成しました。生徒代表からは「私も将来必ずがん検診を受けたいと思います」とお礼の言葉を戴きました。

【趣旨】
 がんに関する知識やがん検診の重要性について理解を深めてもらい、大切な人に宛てたがん検診受診を呼びかけるメッセージカードを作成し、早期発見につなげる。

【対象】
後期課程4年生 132名

【内容】
1.講話 「がん体験を通して~生活習慣とがんの基礎知識~」 AWAがん対策募金 川﨑理事
2.大切な人への心のこもったメッセージカード作成

20240205jyounouchi1.jpeg

20240205jyounouchi2.jpeg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR