阿波高等学校 出前講座

2023年12月14日(木)に阿波高等学校 松契会館にて、がん検診受診率向上のための出前講座を行いました。

【内容】
 吉野川保健所岩城主任は自分の将来を考えたことは有りますか?どんな自分が想像できますか?少し時間を取りますから考えて下さいと始めた。現在の生活習慣が将来の健康的な生活を支える原点になるからとても大事な時期だとして、がんの基礎知識、がんの予防、がんの早期発見のテーマで順次お話をされた。
 がんの基礎知識では、どうしてがんが出来るか、日本人のがんになる確率、死因、がんの種類、5年生存率、がんになる要因について説明された。 
 がんの予防では生活習慣を整え、定期的ながん検診を受ける事が大切として5つの生活習慣改善を守っている人ほど、がんのリスクが低下する事が分かっていると話された。 がん予防の5つの生活習慣とは「禁煙、節酒、食生活、身体活動、適性体重の維持」として特に禁煙と食生活について詳しくお話をされた。
 がんの早期発見について、がんの初期では自覚症状が出ないので「どこも痛くない、症状が無いから大丈夫」と考えてはいけない。徳島県のがん種別、男女別がん検診率を示し、全国平均を下回っている事、市町村が実施するがんの定期検診を受け早期発見、早期治療する事で生存率が高くなると話をされた。
 まとめとして「予防」と「早期発見」が大切な事、今から始める事が出来る4つの事、将来出来る3つの事を説明して終了した。 生徒達は膝の上で熱心にメモを取っていた。
 最後に生徒代表からお礼と今日の話しを家族に伝え、将来の自分の健康につなげたいと言葉をいただき会場を退出した。

【趣旨】
 がんに関する知識やがん検診の重要性について理解を深めてもらい、大切な人に宛てたがん検診受診を呼びかけるメッセージカードを作成し、早期発見につなげる。

【対象】
1年生 145名

【内容】
1.講話 「がんを予防する生活習慣」 吉野川保健所 岩城真里氏
2.大切な人への心のこもったメッセージカード作成

1214awa1.jpeg

1214awa2.jpeg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR