神山中学校 出前講座

2019年7月2日(火)に神山中学校 図書室にて、がん検診受診率向上のための出前講座を行いました。

【講話の内容】
 専門であるたばこの話から始め、喫煙はもとより副流煙もリスクが高い内容だと話される。その後、徳島県のがん検診率に触れ、身近な方へ検診を薦めたり自ら意識を高める様にと、がん検診の重要性を訴えました。また、肺がんの手術の話題へと進め、現物の手術器具などを取り出し説明される。この場面では、どの生徒もくぎ付けとなりインパクトは強かったです。最後に徳島県のがん治療の実際に触れ、治療も大事だが「緩和ケア」は必要不可欠だと説明されました。

【趣旨】
 がんに関する知識やがん検診の重要性について理解を深めてもらい、大切な人に宛てたがん検診受診を呼びかけるメッセージカードを作成し、早期発見につなげる。

【対象】
1~3年生 64名

【内容】
1.講話「がんになりにくい生活を送ろう」 徳島大学病院 滝沢宏光氏
2.大切な人への心のこもったメッセージカード作成

kamiyama2.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR