がん検診率向上プロジェクト 反省会

がん検診率向上プロジェクトの反省会を行いました。

日   時  11月22日(火) 19:00~20:00
場   所  徳島往診クリニック附属訪問看護ステーション
参加人数  17名
議   題  ①プロジェクトの報告
        ②学生スタッフの感想
        ③今後の課題、提案

<学生スタッフの感想>
 呼び込みが大切だとわかったが、なかなかできなかった。最初恥ずかしかったが、だんだん慣れて出来るようになった。

 乳がんモデルに関心を持ってくれた。実際に触れられるものを増やせば、もっと関心を持ってもらえるのでは。

 空き時間を利用して予めハガキにイラストを書いておいた。ハガキが書きやすくなるよう工夫してよかった。

 家族からうれしいと言われた。実際に検診に行ってくれた事が分かった。

 医療関係以外の学生は検診の事がわからない人が多い。家族の方にカードを出すというと興味を持ってくれた。

 ハガキはずっと連絡を取ってなかった人に連絡を取る手段にもなる。

 がん検診率プロジェクトの奥に骨密度測定、血圧測定を設けたことで、親が検査している間に子どもが書いてくれたり、検査のついでに親も書いてくれた。

 がん検診のハガキをおじいちゃん、おばあちゃんが貰ったらうれしいと思う。

 社会人だけでなく、高校生、大学生も関心を持って書いてくれたのに驚いた。

 この機会がなかったら大学生が親にがん検診に行ってほしいと言う機会はなかなかない。

 楽しそうにハガキを書いてくれた。いろんな人と話すきっかけになってよかった。

 自分は友達に多く書いてもらった。他の人にも呼びかけたが難しかった。他の科と連携してプロジェクトを実施するともっと多く書いて貰えると思う。

 ハガキに書いた気持ちの他に、がん検診に関してどのように考えているかなど思いを知れたらよかった。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR