JA徳島厚生連訪問看護ステーション協同に介護用品を寄贈

令和元年11月15日、JA徳島厚生連訪問看護ステーション協同様に吸引器1台とネブライザー1台を寄贈しました。

IMG_6677.jpg

IMG_6682.jpg
スポンサーサイト



がん検診率向上プロジェクト 四国大学

四国大学 芳藍祭にて、がん検診率向上プロジェクトを実施しました。

日時:2019年11月8日(金)~10日(日)
場所:四国大学 中央棟1階
内容:大切な人へがん検診受診を呼びかけるメッセージカード作成

書いていただいたメッセージカードの枚数 3日間で 枚

2019shikoku2.jpg

2019shikoku3.jpg

がん検診率向上プロジェクト 徳島大学

徳島大学 蔵本祭にて、がん検診率向上プロジェクトを実施しました。

日時:2019年11月2日(土) 10:00~16:00
場所:徳島大学 蔵本キャンパス
内容:大切な人へがん検診受診を呼びかけるメッセージカード作成

書いていただいたメッセージカードの枚数 96枚

2019tokudai2.jpg

富岡西高等学校 出前講座

2019年10月29日(火)に富岡西高等学校 体育館にて、がん検診受診率向上のための出前講座を行いました。

【講話の内容】
●田上先生の講話
今やがんは日本人の死因の第1位で代表的な病気です。親や自分ががんにならないためにどうすればよいか、相手をよく知って対策を取り、学んだ知識を生かして不幸になる確率を減らす、様々な対応能力を高め私生活について自分の考えを持つ、そして家に帰って家族に質問をして会話を進めてもらうためにこれからお話をしますと始まった。

 質問
1.がんは怖いですか
2.がん検診を受けていますか
3.がんになりにくくするにはどうすればよいですか
4.がんになってもあまり困らないためにどうすればよいですか
 今日はこれらについて解いていきますので、家に帰って家族で話合ってください。
大腸がんを例にがんは早期がんから進行がんまで実物の写真を見せながらステージ1から4まで進行度が上がり、リンパの流れを利用してがんは広がり、全身に転移することを説明した。ステージ毎の5年生存率のグラフから早期に発見して治療する事でがんは怖い病気ではない事がわかると話をされた。がんについてクイズを出し注意を引いた。
 がん種による死亡率と年齢別の罹患率のグラフから40歳位から高齢になる程がんになるリスクが高くなり、毎日の生活習慣の積み重ねで将来がんになりにくくなったり寿命に関係してくるので知識として覚えて置いて下さいと説明された。
がん治療は手術、化学療法、放射線療法、がん免疫療法があり医療の向上で平均的に60%が治るようになった。最近ノーベル賞を取ったがん免疫療法について易しく解説した。
 がんに対する総合的な対策として禁煙、食生活、運動、飲酒など予防方法と、特にタバコのデメリットについて詳しく説明した。がんは遺伝性が無いのでもし家族ががんになっても心配しないで、生活習慣を整え  がんのリスクが高くなる年齢になればがん検診を受ける事が大切であると語をされた。両親にがん検診を勧めて下さい。徳島県はがん受診率が低い県です。がん検診を受けて自分の体をしっかりと守ってください。
 最後にがんに関するクイズの答えを示して締めくくった。

●米川理事の講話
 私は膀胱がんで全部摘出しました。直腸がんや膀胱がんで肛門や膀胱を取った人は人工のストマーというのを付けています。私が学会で東京へ出張した時トイレで真っ赤な小便が出た。血尿とがんとが結び付かず、知識もなかったのでまさか自分ががんになるとは思っていなかった。帰ってきて大学病院で診察を受けると大変な状況でステージ3だと知らされた。尿意があっても尿が出なくなり、これは辛かった。半年前に定期健康診断で精密検査を受けるように言われていたが、自分はがんになるはずがないと放置していた。タバコも一時1日に40本吸っていた。先の田上先生のがんと生活習慣のお話に1つ1つが身に覚えがあった。
 徳島県には人工の袋を下げているオストメイトが1600人いる。3~4日で交換しなければならず、漏れることもあり好きなゴルフも出来ない。大腸関係のオストメイトはもっと大変な思いをしています。
 今日はメッセージカードを身近な大切な方に書いて貰うことになっています。がんは早く見つけると怖くはありません。体験者として自分はがんにならないと何の根拠もないのに思っていましたが、皆さんも年齢に達したら検診を受けて戴きたいし日頃の生活習慣にも気を付けてほしい。皆様方の大切な人にがん検診を受けるようにメッセージを書いてあげて下さい。

【趣旨】
 がんに関する知識やがん検診の重要性について理解を深めてもらい、大切な人に宛てたがん検診受診を呼びかけるメッセージカードを作成し、早期発見につなげる。

【対象】
1年生 210名

【内容】
1.講話「がんの話:親や自分が、がん等で早死にしないために」 阿南医療センター 田上誉史氏
2.がん体験談 AWAがん対策募金 米川理事
3.大切な人への心のこもったメッセージカード作成

2019tn1.jpg

がん検診率向上プロジェクト あなん健康まつり

あなん健康まつりにて、がん検診率向上プロジェクトを実施しました。

日時:2019年10月20日(日) 9:30~12:00
場所:阿南市 夢ホール
内容:大切な人へがん検診受診を呼びかけるメッセージカード作成

書いていただいたメッセージカードの枚数 144枚

2019anank2.jpg

2019anank1.jpg
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR