小松島西高等学校勝浦校 出前講座 

2020年1月15日(水)に小松島西高等学校勝浦校 研修館にて、がん検診受診率向上のための出前講座を行いました。

【講話の内容】
・小居理恵氏の講話(がんの話)
  がんの事を理解しないと対策を立てられない。細胞分裂は人が生きている事と同義でがんは避けて通れない。細胞は自分をコピーして死んでいく。爪から決して髪の毛は生えない。隣同士の細胞はお互い手を離さない。人間と同じで事を仕損じたら人生それで終わりではない。間違っても修復する免疫の仕組みが働く。細胞が元と違った分裂を繰り返して異常な細胞の塊(腫瘍)となりそれが悪性のがんだと突貫工事でどんどん自分で血管を作り隣の細胞と手を放し勝手に血流などに乗って全身へ出ていく。正常な細胞ががんになり全身へ転移するまでの過程を、たとえ話を交えながら面白く分かりやすく説明した。今2人に1人ががんになっている。高齢になるとは今まで長年細胞分裂を繰り返して生きて来た事、また免疫力も低下してくるのでがん罹患者が多い。特に男性は女性よりタバコ、飲酒など細胞の遺伝子を傷付ける生活習慣が多いのでがんになり易い。タバコの煙は発がん物質を含んでいるので細胞が作り間違う量が圧倒的に増えてくる。

・山本麻衣氏の講話(がんの予防)
  男女のがん原因はウィルス・細菌感染、生活習慣、遺伝的原因が有るが、生活習慣は自分で気を付ける事が出来るから、これを中心にお話する。禁煙、バランスの良い食事、適度な運動、節酒、適性体重の維持が大切で、がんになる危険性を減らすことが出来る。また心身の疲れを取り免疫力を高める睡眠は大切です。生活習慣で特にタバコはあこがれ、格好いい、大人になった気分などで吸い始めるが、煙の中に4000種の化学物質、200種の有害物質、70種の発がん物質を含んでいる。がんの原因は分かっていない事があるので生活習慣以外にがんを早期発見するためのがん検診を定期的に受ける事が大切です。早期発見すると95%が治ると言われている。がんが1cmまで進行するのに10年~20年掛かり、その後さらに大きくなり自覚症状が出る。病状が出る前にがんを見つける事が大切で、病状が無くても定期的に検診を受けて下さい。女性の場合は20歳で子宮頸がんの検診の案内が来るので受けて下さい。通常40歳が来たら市町村から検診の連絡がある。是非受けて欲しい。纏めとして規則正しい生活習慣に気を付けて自分の体を大切に!

【趣旨】
 がんに関する知識やがん検診の重要性について理解を深めてもらい、大切な人に宛てたがん検診受診を呼びかけるメッセージカードを作成し、早期発見につなげる。

【対象】
1年生 34名

【内容】
1.講話 「高校生からがん対策」 徳島保健所 山本麻衣氏・小居理恵氏
2.大切な人への心のこもったメッセージカード作成

2020matsunishikk1.jpg
スポンサーサイト



徳島中央高等学校定時制夜間部 出前講座

2020年1月9日(木)に徳島中央高等学校定時制夜間部 視聴覚教室にて、がん検診受診率向上のための出前講座を行いました。

【講話の内容】
・小居理恵氏の講話(がんの話)
 がんの仕組みについて、細胞分裂の異変、修復の仕組みが働かない時にどうなるか、転移のメカニズムを説明して、細胞分裂は人が生きて行く上で避けられないので誰にでも起こる病気なのです。今2人に1人ががんになっています。日本のがんの現状についてがんになる人の割合、年齢別の男女の割合、高齢になると何故男性のり患者が多いのか等グラフで示した。またがんは全ての臓器で起こりうる事や主ながんの罹患数、種類、特徴をお話された。

・山田愛氏の講話(がんの予防と生活習慣)
 男女のがん原因の一つである生活習慣の中でトップである喫煙について煙の害を詳しく説明した。そして生活習慣は自分で気を付ける事が出来るから禁煙、バランスの良い食事、適度な運動、節酒、適性体重の維持が大切で、がんになる危険性を減らすことが出来る。また心身の疲れを取り免疫力を高める睡眠の大切さをお話した。望ましい生活習慣を取り続けるのは面倒くさいことかもしれないが、知識が有るだけで今後の行動が違ってくる。がんの原因は分かっていない事があるので生活習慣以外にがんを早期発見するためのがん検診を受ける事が大切です。進行するがんがまだ小さく自覚症状が出る前にがんを見つける事が大切で、病状が無くても定期的に検診を受けて下さい。年齢が来たら市町村から検診の連絡が来るので是非受けて欲しい。纏めとして規則正しい生活習慣に気を付けて自分の体を大切に!

・渋谷理事の講話
 56歳で体調不良から病院に行くと血液のがん、悪性リンパ腫と告知され、末期がんでしたが現在13年延命しています。その時、がんイコール死という認識しか持っていなかった。余命半年ですと言われた。がんの怖さは身をもって体験したが、それは自覚症状がほとんどない事です。指を曲げても痛くなってから病院へ行ったが、もっと早い時点のお腹が張って少し痛い時に病院へ行ったら良かったとすごく反省している。がんの告知を受けた時、嫁と娘の顔を見てショックを受けているようなので自分が沈んではいけないと思った。死の恐怖、孤独感の中で知ったのがリレー・フォー・ライフというがん撲滅運動の取り組み。この活動を徳島で出来たら良いなと思い、また自分が生きてきた証に成ると考えた。今日まで立ち上げ時に知り合った人々に支えられ励まされてやってきた。自分は衰弱していつ死ぬか分からない状態であったが、みんなに恩返しをしなければ死ねないと言う気がわいてきて、必ず生きてやるという気力が出てきた。朝起きて生きていると言う当たり前のことがすごいことだと気付いた。がんを体験して病気は自分が治したいと言う強い気持ちがあって医者はその手助けしてくれるものとわかった。がんになってもあきらめない事が大切。今この瞬間にも新しい薬や治療法が見つかっている。心ひとつで生きるか死ぬかが決まる。がんになってもあきらめずに前向きになって戦って欲しい。どんな状況でも生きている事が素晴らしい。がんになって失ったものはたくさん有るがそれ以上に家族の支援、人との出会い等得たものの方が多いと思っている。将来がん検診を受けて自分の人生を大事にして欲しい。

【趣旨】
 がんに関する知識やがん検診の重要性について理解を深めてもらい、大切な人に宛てたがん検診受診を呼びかけるメッセージカードを作成し、早期発見につなげる。

【対象】
全校生徒 25名

【内容】
1.講話 「若い時からがん対策」 徳島保健所 山田愛氏、小居理恵氏
2.講話 「がんになって思う事・・・心の大切さ」 AWAがん対策募金 渋谷理事
3.大切な人への心のこもったメッセージカード作成

2020cyuout1.jpg

2020cyuout2.jpg

阿波高等学校 出前講座

2019年12月17日(火)に阿波高等学校 松契会館にて、がん検診受診率向上のための出前講座を行いました。

【講話の内容】
 一般的ながんの罹患状況、死因別状況、がん検診率を徳島県や全国の統計から説明して、今日はがん検診を受けて貰うように皆さんの力を借りたい。
 特に肺がんでの死亡者が増えている現実からタバコについて有害物質のクイズ、肺写真、グラフなどを使ってタバコ3悪人と命名したニコチン、タール、一酸化炭素による多くの危険性、悪影響を示しました。受動喫煙の怖さ、子供の喫煙の影響などから皆さんも吸わないように、家族にも禁煙して欲しい気持ちを伝えて下さい。

【趣旨】
 がんに関する知識やがん検診の重要性について理解を深めてもらい、大切な人に宛てたがん検診受診を呼びかけるメッセージカードを作成し、早期発見につなげる。

【対象】
1年生 180名

【内容】
1.講話「がんの予防~健康な生活を送るために~」 吉野川保健所 猪井弘子氏
2.大切な人への心のこもったメッセージカード作成

2019awa2.jpg

「患者支援 給食費の一部負担」を実施

「患者支援 給食費の一部負担」にご応募いただいた患者14名様に
1人当たり43,000円の支援を行いました。


1.支援金の趣旨
  NPO法人AWAがん対策募金は、地域社会に対して、がん治療における経済的負担・心のケアに関する事業を行い、がん患者および家族のQOLの向上に寄与することを目的としています。がん患者の経済的負担を少しでも軽くするために、下記の要領でがん患者およびその家族を支援します。


2.支援の対象となる人の要件
  ① 徳島県に在住のがん患者であること
  ② 家族に小学生・中学生の児童がいること


3.支援金額・募集期間
  支援金額  今年度予算60万円
  募集期間  平成31年4月1日~令和元年10月31日

那賀高等学校 出前講座

2019年11月22日(金)に那賀高等学校 視聴覚室にて、がん検診受診率向上のための出前講座を行いました。

【講話の内容】

今日のお話しの前に生徒達へ質問
がんは予防できるか
がんは高齢者の病気であるか
がんは生活習慣と関係あるか
がんはウィルスや細菌感染で発生するか
がん検診はがんを予防するのに効果があるか

1.がんについて
 どんなイメージか 死ぬ、転移する、高齢者がなる病気、怖い、痛い
 がんは60兆個の細胞が再生される時コピーがうまくいかなかった場合にがん細胞となるが、普通は免疫細胞などがやっつけてくれる。生活習慣や性感染、大気汚染などの原因で際限なく増える細胞ががんです。
 日本人の死亡原因はがんが昭和56年から第1位。現在日本人の2人に1人ががんになって、3人に1人はがんで死んでいる。現在早期発見、治療で生存率が6割を超えている。男性の前立腺がんは9割、女性の乳がんも8~9割が治っている。がんは決して怖い病気ではなくなってきている事を知って下さい。

2.がんの要因
 <生活習慣について>
 男性の5割、女性の3割は生活習慣や感染が罹患の要因と言われている。そのうちタバコが男性の3割、女性の5%ががんに関係していると言われている。感染は男性の2割、女性の2割が要因と言われている。
 生活習慣の中で特にタバコと食生活が関係している。昔は塩辛い漬物を多く食べて胃がんになる人が多かったが今は大腸がんが増えている。食生活が欧米化した結果、脂肪分、肉が多くなり野菜、果物が少ないことが原因と言われている。肉を食べる時は野菜や果物と一緒に食べて下さい。お酒の飲み過ぎ、運動不足、肥満もがんになりやすい体質になると言われている。
 タバコは全身のがんと関係していると言われている。煙の中には200種類の有害物質や60種類の発がん物質が含まれている。直接煙と触れる咽頭、口腔、肺や唾液と一緒に身体の中に入り血液により全身に回るので食道、胃、肝臓、すい臓、膀胱、子宮頸がんなどのリスクが大きくアップする。タバコの煙を吸う周りの人も受動喫煙と言ってがんになるリスクが上がる事を知って置いて下さい。興味本位でタバコを吸っている人は、これを機会に是非止めて欲しい。

<感染について>
 感染でがんになる場合、ピロリ菌、B型C肝炎型ウィルス、ヒトパピローマウィルス、EBVというウィルス、HTLV-1ウィルスが関係するが、薬やワクチンや対策を取る事で現在は予防できるようになっている。
 ヒトパピローマウィルスは子宮がんの原因になる事が分かった。感染は性交渉で移る。興味本位の安易な気持ちで性交渉すると感染してがんになる可能性がある事を覚えて置いて下さい。感染すると必ずがんになるのではなく、自分の免疫で殺すことができ、長時間体内に生き残った時にがんになる可能性が有る。ワクチン接種でこのがんを予防する方法が有るが、接種で重篤な副作用が出て政府は現在も積極的なワクチン接種を勧めていない。両親、先生などと相談して予防できる事はやって行ったら良いと思う。

3.がんの予防
 禁煙、節酒、バランス良い食生活、適性体重の維持(BMI)、運動、野菜を350g/1日

4.がん検診の大切さ
 検診の効果が期待できるがん種は胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、子宮頸がんがある。がんは高齢者ほどなりやすいが、若い人もがんになる可能性はゼロでない。持って生まれたものはどうしようもないが、生活習慣に気を付ける事でがんになりにくいことを理解して下さい。
 がんが研究されてきて大腸がん、乳がんも遺伝が関係している場合もある事がわかってきた。がんは現在1番多い病気なので研究も治療も進歩している。昔は辛かった抗がん剤治療も今は良い薬がどんどん出て来ている。血液のがんは抗がん剤治療で治る病気となった。
 がん検診のメリットは、がんが大きく進展していない状況で発見する事です。早目に芽を摘めば治る可能性は大きい。がんは死という事は昔の話です。特に乳がんは自己検診で発見できる場合が多いのでお母さんやお祖母ちゃんに教えてあげて下さい。皆さん大切な方にがん検診を勧めてあげて下さい。がん検診に行くことを躊躇している人でも、皆さんからハガキを貰って勧められたらがん検診をしてくれると思う。検診に行って何もなければ安心できる。よろしくお願いします。これからも元気で楽しく高校生活を送って下さい。

【趣旨】
 がんに関する知識やがん検診の重要性について理解を深めてもらい、大切な人に宛てたがん検診受診を呼びかけるメッセージカードを作成し、早期発見につなげる。

【対象】
1年生 65名

【内容】
1.講話「早期発見の大切さ、生活習慣とがん」 緩和ケア認定看護師 郡利江氏
2.大切な人への心のこもったメッセージカード作成

2019naka2.jpg
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR